2017年11月22日(水)

インタビュー

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

池田勇太「メジャーで暴れられるゴルフしたい」

(1/2ページ)
2017/1/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

 2008年にプロデビューして今季で10シーズン目(プロ転向は07年)。昨季は初の賞金王に輝き、世界ランク33位で6年ぶり3度目のマスターズ切符をつかんだ。31歳と円熟期を迎えつつある池田勇太に、今後の目標などについて聞いた。

ステップの一つでしかない

池田は「賞金王は持続しないといけないステータス」と語る

池田は「賞金王は持続しないといけないステータス」と語る

 ――待望の賞金王を獲得し、どんな気持ちに? AON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)ら日本のトップが何度も手にしているタイトルだ。

 「最終戦の日本シリーズJT杯は2位。終わった後は悔しさばかりだったけれど、翌月曜日にJGTO(日本ゴルフツアー機構)の年間表彰式で7つのタイトルをもらい、実感がすごくわいてきた。でも喜びも水曜日くらいまで。まだ過程、全部納得いったわけじゃない。30歳にして(クラブやウエアなど)いろいろ変えてスタートして、賞金王という一つの目標は超えたけれど、目標に届いていない部分もいっぱい。(単独で)最多勝も取れなかったし、ステップの一つでしかない、としか考えられなくなった。次のことへ気持ちが行き、余韻に浸りたくはなかった。最初のメジャー、マスターズに向けてどうすればいいのか。昨年は優勝が3回で2位が6回。2回2位で1回優勝というペースだった。1回2位で次は優勝とか、優勝の確率、回数を増やしていくのが僕に課せられたこと。昔のように海外に目を持っていき、メジャーで暴れられるようなゴルフをしたい」

 「じいさん(15年5月に祖父・直芳さんが逝去)の仏壇にはすぐ報告したし、年末には墓参りに。賞金王は持続しないといけないステータス。それは譲れない部分。そこに今年はプラスアルファで何をするか? 全米プロでJ・スピース(米国)と36ホール回り、ダンロップフェニックスではB・ケプカやJ・トーマス、S・カウフマン(いずれも米国)、E・グリジョ(アルゼンチン)と回った。彼らの背中を見て学んだことがいろいろあった。体のここを鍛えたほうがいいとか、こういう打ち方をすればこういう球を出せるのかとか。米ツアーはスポット参戦でいい。1、2月にしっかり調整して、マスターズなどメジャーやWGC(世界選手権シリーズ)で活躍したい」

飛距離のアドバンテージ欲しい

 ――昨年は海外メジャーで3戦した。これまでの最高位は10年マスターズの29位。上位争いには何が必要?

 「山ほどある。まずはあと10ヤードの飛距離。スピースとはドライバーでそんなに離されなかったけれど、ケプカたちとはずいぶん差がある。ゴルフが違うよねと思った。昨年から筋力トレーニングを始め、たった1年で結果が多少なりとも出ている。どこを鍛えれば彼らみたいな振り方、飛ばし方ができるのか。(博多の)トレーナーの先生にもフェニックスに来てもらって勉強してもらい、俺に合うトレーニングを、と頼んでいる。ケプカはあんなに体がごついのにスイングはしなやか。昔の米国選手のようにムキムキの体でパチンというタイプじゃない。力強いのに、しなやかなところがあり、最後までスピードが落ちずに体が回る。あれはすごいなと思う。フェニックスでは結構考えながら、彼らのプレーを見ていた。アイアンは俺も自信を持って打てているから、やっぱり飛距離のアドバンテージが欲しい。あとはショートゲーム。なんだかんだ見てて、スピースがうまかった。(アプローチ、パットで)OKまではいかなくても無難に1パットで決められる距離に打てる。彼の打ち方をもう一回頭の中でイメージして練習しようかと」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

池田勇太青木功尾崎将司中嶋常幸J・スピース

ゴルフコラム

スコアアップヘ

インタビュー 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

池田は「賞金王は持続しないといけないステータス」と語る

 2008年にプロデビューして今季で10シーズン目(プロ転向は07年)。昨季は初の賞金王に輝き、世界ランク33位で6年ぶり3度目のマスターズ切符をつかんだ。31歳と円熟期を迎えつつある池田勇太に、今後 …続き (1/5)

「国の代表としてリオ五輪で金メダルをとりたい」とスピース

 28日に初日を迎える男子ゴルフの日本ツアー今季開幕戦で、アジアンツアーとの共催大会、SMBCシンガポールオープン(賞金総額1億1938万円、優勝賞金2148万円)に世界ランキング1位のジョーダン・ス …続き (2016/1/27)

「これから一番脂が乗る頃。40歳までには永久シードをとりたい」=共同共同

 2016年は勝負の年だ。昨年12月22日で30歳になった。3年間重責を担った男子ゴルフツアーの選手会長職は、後任に引き継ぐ。プロ10年目の今季、新しい自分をつくりあげ、念願の賞金王どりに再び挑む池田 …続き (2016/1/1)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]