望郷のチベット 平和願う亡命者の町 インド・ダラムサラ

2017/1/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

チベット亡命政府が置かれるインド北部の小さな町、ダラムサラ。避暑地でもあり、国内外から観光客が訪れる。カフェや土産物店が並ぶバザールの中でも一段と色鮮やかなのがチベット寺院だ。町中には仏教の教えが書かれた五色の旗「タルチョ」が揺れ、チベット文化のまっただ中にいるのをひしひしと感じた。

露店で野菜を買う僧侶に声をかけた。中国・チベット自治区から亡命したという。取材を申し入れると、自宅アパートに招い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]