/

この記事は会員限定です

トランプ氏は孫社長のジョーカー、17年の米通信業界

ITジャーナリスト 小池 良次(Ryoji Koike)

[有料会員限定]

1月20日、いよいよドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任する。ほぼ同時期に、米国の情報通信業界を牛耳る米連邦通信委員会(FCC)のトップとして敏腕を振るってきたトム・ウィラー委員長も辞任する。まさに「FCCは無用の長物」と唱えてきたトランプ氏の大統領就任で、米情報通信業界は大きな曲がり角を迎える。今回はウィラー氏の足跡で2016年を振り返りつつ、今後を展望してみたい。

LTEの成長が止まり5Gの時代に

8年間のオバマ政権は、クラウドモバイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン