/

この記事は会員限定です

ポスト「太陽光バブル」 地熱開発に異業種の波

ゼネコンや鉄道会社も

[有料会員限定]

地熱発電の開発事業者に、ゼネコンや鉄道会社など異業種が相次いで名乗りを上げている。日本は地熱資源が豊富で潜在力が高い。メガソーラー(大規模太陽光発電所)が伸び悩むなか、新たな再生可能エネルギーの投資先としても注目されているようだ。2016年は日本初の地熱発電所が稼働して50周年の節目だった。17年は地熱の歴史が新たに花開く年となるか。

前田建設、5年後にも稼働 五輪後にらむ

「日本には世界3位の熱資源量がある。エネルギーミックスを考えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン