勝利のメンタリティー(山本昌邦)

フォローする

鹿島を変貌させた「見られること」のエネルギー

(1/3ページ)
2016/12/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

サッカーを通して人間の力を感じさせてくれる試合だった。力を出し尽くしたからこそ見えてきたものがある試合だった。そして選手やチームが成長する過程で「注目を浴びる」ということは、やはり大切な要素だなと思わせてくれる試合だった。Jリーグ王者の鹿島アントラーズが欧州王者のレアル・マドリードから「あわや」の金星をもぎ取りかけた、クラブワールドカップ(CWC)決勝のことである。

クラブW杯決勝でレアルに敗れ、肩を落とす柴崎(右端)ら鹿島イレブン=共同

クラブW杯決勝でレアルに敗れ、肩を落とす柴崎(右端)ら鹿島イレブン=共同

サッカーの場合、日本代表の試合に比べると、Jクラブ絡みの戦いが高視聴率をたたき出すことは最近、ほとんどなかった。それが、鹿島とレアルの決勝は関東地区で平均視聴率26.8%、瞬間最高視聴率は36.8%を記録。普段はサッカーに関心をそれほど持たない層も巻き込んだから、このような数字をたたき出せたのだろう。前身のトヨタカップの時代からCWCを放送し続けてきた日本テレビも喜んでいることだろう。一生懸命サッカーの発展に尽くしてきたら最後にすごい褒美があったという感じだろうか。

選手に残った経験という財産

興奮の余韻は18日の決勝が終わった後もなかなか冷めなかったようだ。翌日テレビを見たら、お昼のワイドショーでも鹿島の頑張りが褒めたたえられていた。海外の反響も大きく、レアルから2ゴールを奪った柴崎は日本という枠を越え、今や世界で一番有名な日本人のサッカー選手になった感があった。スポーツは日本や郷土への誇りを喚起し、自然に一体感を醸成する特性がある。選手には「自分たちを代表して戦ってくれている」と見る者に思わせる力がある。

選手もすごい経験をしたと思う。おそらく、サッカー選手として、この上ない幸せを感じた瞬間があったと思う。負けたことで、その喜びや興奮は一瞬で消え去ったかもしれないが、自分では気づかなくても、確実に財産として残ったものがある。経験という財産だ。

鹿島は国内で最も多くタイトルを持つクラブだが、その18冠とともに今回の準優勝を加えてもいいだろう。CWCでクラブの伝統をさらに太くした鹿島は、この先10年は、周りのJクラブが簡単には追いつけないほどの、目に見えないアドバンテージを手にした気がする。それだけの歴史をつくったし、それだけのものを背負ったクラブならではの強み、すごみをこれから帯びていく気がするのだ。

11月23日の川崎とのJリーグチャンピオンシップ準決勝から12月18日のレアルとのCWC決勝までの間、鹿島は世間の注目をどんどん集める存在になっていった。その範囲も日本から世界的規模へと拡大。発信することで注目され、周りからのリアクションの多さが心のエネルギーになり、自分に火がついて伸びていく。売れるにしたがってどんどんきれいになっていく女優さんなんかと構造は同じだろう。注目されるから、見せることのプロにどんどんなっていくというか。この冬の鹿島の急激な変貌は、私に「見られること」が生み出すエネルギーの大きさを改めて教えてくれた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

勝利のメンタリティー(山本昌邦) 一覧

フォローする
横浜M・仲川(左)は昨季、日本人選手9人目のJ1得点王に輝いた=共同共同

 日本サッカー協会(JFA)はストライカーの養成に本腰を入れる。その手始めとして、12月初旬に静岡で「ストライカー・プロジェクト」を実施する。ワールドカップ(W杯)のような世界大会でベスト8、ベスト4 …続き (11/19)

オランダでの強化試合は2試合ともに対戦相手も日本もコンディションが良く、W杯のように高い強度で行うことができた(ゲッティ=共同)ゲッティ共同

 新型コロナウイルスの脅威がいまだ衰えない中で、サッカー日本代表が10月9日と13日に、オランダのユトレヒトで強化試合を行った。今回は代表史上初めて欧州組だけでチームを編成、強化と感染予防を両立させ、 …続き (10/22)

夢フィールドでのU―19日本代表候補合宿で練習を見守る内田氏(中央)=共同共同

 Jリーグの鹿島を引退したばかりの内田篤人氏(32)が日本サッカー協会(JFA)から「ロールモデルコーチ」に任命された。9月13日に発表されたこの一件、代表選手の経験を後に続く世代に還元するための方策 …続き (9/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]