AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2017年、あなたの身近にやってくる3つのAI

(1/2ページ)
2017/1/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 米グーグルの「アルファ碁」が世界トップ棋士を破るというニュースが世界を驚かせて以来、2016年はAI(人工知能)が注目を集める年となった。ブームに乗り「AI搭載」とうたう製品やサービスも続々と登場したものの、実際にAIがどう役立ちどれだけの効果があるのか実感できることはほとんどなかった。だが、17年はいよいよ「ディープラーニング(深層学習)」といった最新AIの威力を誰もが実感できる年となりそうだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人工知能(AI)を採用した働き方改革支援サービスの流れ(画像提供:エルテス、TIS)

社員の行動を分析 「働き方改革」AIが指南 [有料会員限定]

 働き方改革の方針を人工知能(AI)で導き出す新サービスが相次ぎ登場している。政府はテレワーク・デイを2017年7月24日に開催。数千人規模で取り組んだNTTデータなど600社以上が参加する盛り上がり…続き (10/11)

フェンシング界のレジェンドである太田雄貴氏。北京五輪のフルーレ個人で銀メダル、ロンドン五輪のフルーレ団体で銀メダルを獲得。2016年のリオデジャネイロ五輪後に現役を引退=共同

共同

肝はパターン分析、伝説的選手の「感性」AIに実装

 前回は、LIGHTzが開発するAI(人工知能)技術「ORINAS(オリナス)」を、スポーツ分野でどのように展開できるかについて紹介しました。
 今回は、フェンシング界の世界的なレジェンドである太田雄貴…続き (10/6)

イチロー選手=共同

共同

人工知能で継承する伝説のスポーツ選手「究極の技」

 人工知能(AI)技術の進歩によって、従来は人間にしかできなかった多くの仕事が、理論上は自動化できるようになってきた。実際、販売・マーケティング、顧客サポート、人事・人材管理、物流など多くの分野でAI…続き (9/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月23日(月)

  • テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月24日付

2017年10月24日付

・フィットビット、日本で企業向け開拓 まず三菱自健保向け健康管理
・星明かりでも高感度撮影 キヤノン、ネット対応カメラ
・ゴム、輪状化合物で強く 東工大
・日本ガイシ、低レベル放射性廃棄物の重さ50分の1に
・世界のEV普及、2025年から加速…続き

[PR]

関連媒体サイト