/

この記事は会員限定です

金相場、欧州「有事」が導く先高観

商品部 松沢巌

[有料会員限定]

今年の金相場は米国の利上げとトランプ次期大統領の登場を転機にしたドル高の進行で下落基調を強めた。米連邦準備理事会(FRB)は14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、1年ぶりの利上げを決定。同時に公表した政策見通しで来年には今年の年2回から3回に利上げを増やすシナリオを示し、金融引き締めペースの加速を盛り込んだ。ドルの代替資産で、金利の付かない金には明らかに弱材料となる。だが「2017年の金は有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン