/

この記事は会員限定です

タイでミャンマー難民支援激減、「学びの場」存続の危機

新政権発足で支援は国内集中

[有料会員限定]

300万人ともいわれるミャンマーからの移民が暮らすタイには「学習センター」が数多く存在する。タイの公立学校に行けない移民の子どもたちに教育の機会を与えようとボランティア団体などが支援する学びの場だ。12月にはクリスマス・パーティーなども開催し、子どもたちを喜ばせた。その学習センターが今、存続の危機にある。世界からの支援が新政権の発足したミャンマー国内に集中し、タイに避難した移民への支援は激減して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2834文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン