/

この記事は会員限定です

二輪車「HY戦争」 その後を語る

Disruption 断絶を超えて(特別編)

[有料会員限定]

二輪車販売台数で世界首位のホンダと3位のヤマハ発動機は排気量50ccの原付きスクーターの開発・生産で提携する。2018年をめどに、ヤマハ発はホンダから50ccスクーターをOEM(相手先ブランドによる生産)調達する。1980年代に「HY戦争」と呼ばれる販売競争を繰り広げた2社。協業と競争のバランスをどう取るか。提携を主導する両社の二輪車事業トップに話を聞いた。

ヤマハ発動機・渡部克明取締役「100ccや125ccはガチンコで」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン