/

この記事は会員限定です

インドネシア「サンタ禁止令」に波紋

政府、多様性の維持に危機感

[有料会員限定]

クリスマス商戦まっただ中のインドネシアで、イスラム教団体の出した「サンタクロース禁止令」が波紋を広げている。急進的なイスラム教団体が、一部の都市ではイスラム教徒の従業員にサンタの帽子の着用させないようにショッピングモールに乱入するなど、トラブルも起きている。最近、同国では民族・宗教間の亀裂が表面化し、大規模デモも発生しているだけに、宗教令への懸念は強い。さまざまな人種や宗教を認めてきたインドネシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1800文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン