日本総研の湯元副理事長「安心と活力両立、スウェーデンに学べ」
2030年 不都合な未来(5)

2016/12/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福祉国家で知られる北欧の大国スウェーデンは不断の改革で安心と活力を両立している。スウェーデンの政策研究の第一人者である日本総合研究所の湯元健治副理事長に同国から学ぶべきことを聞いた。

――スウェーデンの社会保障改革はどんな特徴がありますか。

「直近の改革が始まったきっかけは2006年の政権交代。保守党主導の連立政権が誕生し、高福祉のひずみを是正している。例えば正常者が精神的な病気を装って保険給付…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]