/

この記事は会員限定です

社会保障の財源確保、「高所得者の保険料率上げ」が44%

2030年 不都合な未来(1)

[有料会員限定]

日本経済新聞社とNTTコムオンライン・マーケティングソリューションが共同で実施した意識調査で、社会保障の財源を確保する方法を聞いたところ「高所得者の保険料率を上げるべきだ」という回答が4割を超えた。「法人税の増税」も3割にのぼり、資金力のある高所得者や企業に負担を求める傾向が強い。社会保障の財源でもある消費税については、10年後も現在の8%維持を求める回答が4割を占め、さらなる増税への抵抗感が強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン