/

[FT]移民救助、EUが非難「NGOと密航業者が癒着」

(更新)
Financial Times

フィナンシャル・タイムズ紙が目を通した欧州連合(EU)の国境管理当局が作成した秘密報告書によると、同当局は地中海で活動する救援団体が、不法移民の密航あっせん業者と癒着しているとして非難している。

欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス)がこのように非難したことで、移民危機の解決法を巡るEU関係者と非政府組織(NGO)との対立が悪化している。移民の密航により、今年だけでも4700人が命を落としている。フロンテックスはこの秘密報告書で先月、移民は出発前に「NGOの船にたどり着くために従うべき細かい手順を明確に示されている」との見解を記し、懸念を示した。

フロンテックスは別の報告書でも先週、「犯罪組織が不法移民をNGOの船舶に直接送り込んだ最初の報告例」を発見したと記し、明確に非難した。

地中海のNGOは密航業者との共謀について断固否定している。

また、EU関係者や外交官に向けられたこれらの報告書には、NGOの船に助けられた者は「事情聴取の調査官に全く協力しようとしない」ことが多く、一部の話では、「彼らは(NGOから)イタリアの法執行機関やフロンテックスには協力しないよう警告されている」という。

フロンテックスの集計によると、救難信号がきっかけで救出された移民の数は、今夏は全体の約3分の2だったが、10月には10人に1人程度にまで減少した。この急激な減少は、NGOによる地中海中央海域での救出件数が急増した時期と重なる。NGOが救出要請に応えた割合は、年初には5%にとどまっていたが、10月には40%以上に増えた。

フロンテックスはまた、この数字の変化は、NGOの船が以前よりリビア領海に近づいて活動していることや、救出船が使用する照明による可能性を指摘している。当局はこの照明が「移民を誘導する光」の役割を果たしているとしている。

地中海で活動するNGOはこの主張に反発した。移民を乗せた船からの救難信号が減少したのは救助の取り組みを強化したからであり、状況が悪化する前に救助できるようになったことを意味すると、NGO側は主張する。

2隻の救助船を出している「国境なき医師団(MSF)」の人道面での顧問、オーレリー・ポンチュー氏は、「我々は遭難しかけたボートを積極的に探し、より早い段階で見つけている。これは我々が海上で探知するニーズへの対応だ。これが癒着だとは思わない」と語った。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、今年はこれまでに昨年より約15%多い17万人以上がリビアから地中海を経てイタリアに渡ろうとした。移民の死者数は昨年の3800人から、その4分の1も増加した。

NGOの職員は、死者数の増加は密航業者が手法を変えたためと、航海に適さない船の増加によるものだとし、そうなった背景にはEU当局による密航業者の取り締まり強化があると非難している。ポンチュー氏は「これはNGOと密航業者の癒着のあるなしの話ではない。問題はなぜここまで多くの死者が出ているのかということであり、これこそフロンテックスが注力すべき点だ」とした上で、「フロンテックスは自らの(移民)対策について考えるべきだ」と述べた。MSFは今年、EUの難民危機への対応に抗議し、EUからの資金援助を拒否する意向を示した。

2004年に創設されたフロンテックスは、拡大する不法移民問題に本腰を入れるため、職員や資金を増やし、権限を強めてきた。EUは今年、2億5000万ユーロ(約307億円)の予算を持つフロンテックスを正式な国境警備当局に格上げし、対応しきれない数の移民が到着した場合にEU加盟国を支援するため、1500人の職員を動員する権限を与えた。

フロンテックスはまた、NGOが救出した船に残された証拠の収集を拒み、密航業者の捜査協力を怠っていることも非難した。NGOの「セーブ・ザ・チルドレン」は「我々の義務は彼らの命を救うことだ。治安当局の義務を遂行することではない」と述べた。同NGOは10月と11月に2400人を救出している。

欧州委員会はNGOによる移民の救出の管理を厳格化する必要があるかを調査中だが、関係者は法整備が行われる可能性は低い点を強調した。欧州委員会は、NGOは同地域で何千もの命を救う上で極めて重要な役割を果たしてきたとした上で、「大部分は政府に協力し、緊密な連携を行ってきている」との見解を示した。

ドイツのNGOで移民の救出に携わる「シー・ウオッチ」のルーベン・ノイゲバウアー氏は、EUはこの地域におけるNGOの努力を犯罪扱いしようとしていると話す。また、「地中海中央海域の状況は悪化しており、EUはあらゆる対策を講じて移民(の流入)を阻止しようとしている」と述べた。同氏は、移民はリビア当局が探知するのを恐れて遭難信号を送りたがらないのかもしれないと指摘する。リビア当局は移民を陸に「連れ戻して」いると同氏は主張する。

By Duncan Robinson

(2016年12月16日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン