コンフィデンシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

元工作員が語る ロシア、デマ拡散サイバー部隊

(1/3ページ)
2016/12/19 6:35
共有
保存
印刷
その他

 欧米諸国がロシアのプーチン政権による「情報テロ」への警戒を強めている。対外発信を強化するロシア国営メディアのプロパガンダ(宣伝活動)に加え、ネット上の情報工作により各国の市民への影響力の拡大を図っているとみられている。ロシアは関与を否認するが、ネット世論を操作する「トロール部隊」の拠点が少なくともサンクトペテルブルクに1つある。

画像の拡大

■「トップは大統領だ」

 午前9時前、サンクトペテルブルクの住宅街。まだ薄暗いなか、予備校生のようないでたちの若者らが続々と4階建てのビルに入って行く。看板には「ビジネスセンター」とだけ書かれ、窓のカーテンはすべて閉めきられている。

 ビルに向かう若者に話しかけても誰も一切応えない。1階の受付に立つ警備員2人に業種を尋ねてみた。答えは「革製品の会社だ」。「そうは見えない」と返すと「PR会社」に変わった。「社長にインタビューがしたい」としつこく求めると、怒声が響いた。「トップは大統領だ」

 元従業員3人が証言する。ここは1日24時間365日、ネット上で情報工作をする「会社」だ。300~400人の従業員が業務ごとに部署に分かれ、メディアにコメント投稿、フェイスブックなど交流サイト(SNS)には偽情報を拡散し、架空の人物になりすましてブログも展開する。政治風刺画を手掛けるデザイン部や映像制作部もあるという。

 マラトさん(41)は求人広告を見て面接を受け、月給4万ルーブル(約7万6000円)で2014年末から数カ月同社で働いた。配属されたのはロシアのメディアのサイトにコメントを書き込む部署。毎朝、カバーすべきトピックが与えられ、「我々の視点」を書くよう指示される。30~40のIDを使い分け、1日200のコメントを投稿することをノルマとして求められた。

サンクトペテルブルクの住宅街に建つ「トロール部隊」の拠点
画像の拡大

サンクトペテルブルクの住宅街に建つ「トロール部隊」の拠点

 大半はロシアのウクライナへの侵攻を巡って対立したオバマ米大統領やメルケル独首相の批判、ウクライナの親欧米政権をおとしめる内容だったという。部署には3人の監督官がいて、書き込みを全てチェックする。「米国は悪の帝国だ」。こんな内容に違和感を持ちながら毎日午前9時から午後9時までネットへの書き込みを続けた。

 月に1回は政治知識についてテストが実施された。「欧州連合(EU)とは何か」「ロシアの友好国はどこか」――。「若者の多くは質問にほとんど答えられなかった。彼らは自分が何を書いているのかよく分からぬまま、指示された内容をそのままネットに垂れ流していた」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

コンフィデンシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アフターピル、やはり買えないの? 緊急避妊薬めぐる攻防 [有料会員限定]

 避妊に失敗した女性が、事後的に妊娠を避けられる緊急避妊薬(アフターピル)の薬局販売の先送りが濃厚だ。米国や英国など先進国の多くで市販薬として売られているが、日本ではまだ医師の処方が必要。厚生労働省の…続き (9/19)

宋美玄(そん・みひょん) 
産婦人科女医、医学博士・性科学者。1976年兵庫県神戸市生まれ。2001年大阪大学医学部医学科卒、同年同大産婦人科入局。17年、丸の内の森レディースクリニックを開院、院長に。テレビでコメンテーターなどとして活躍。著書に「女医が教える本当に気持ちいいセックス」など

アフターピル、市販すべきか 識者に聞く [有料会員限定]

 緊急避妊薬(アフターピル)市販化は先送りが濃厚だが、識者はどう考えているのか。「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」の著者で、産婦人科女医の宋美玄氏と、アフターピルの医療承認をすすめた日本家族計…続き (9/19)

コナミを去るクリエーターたち 王国の遠心力

 ゲーム大手、コナミホールディングスからの人材流出が止まらない。スマートフォン(スマホ)ゲームでヒットを連発する一方、人気作を制作してきた優秀なクリエーターが次々に去って行く。業績改善の裏で、カリスマ…続き (6/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<9/25の予定>
  • 【国内】
  • 安倍首相が記者会見
  • 7月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 黒田日銀総裁が経済団体懇談会であいさつ(大阪市、14:35)
  • 国債投資家懇談会(財務省、15:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(16:00)
  • 【海外】
  • 8月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 9月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • ダドリー・ニューヨーク連銀総裁が講演(21:30)
  • エバンス・シカゴ連銀総裁が講演 (26日1:40)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が講演 (26日7:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/26の予定>
  • 閣議
  • 8月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の議事要旨(7月19~20日開催分、8:50)
  • ジャスダック上場=寿屋
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 8月のシンガポール鉱工業生産
  • 7月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 8月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • 9月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • 米2年物国債入札
  • メスター・クリーブランド連銀総裁が討議に参加 (22:30)
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(23:30)
  • イエレンFRB議長が講演 (27日0:50)
  • ボスティック・アトランタ連銀総裁が講演(27日1:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/27の予定>
  • 3~8月期=ニトリHD
  • 清田日本取引所CEOの記者会見(15:30)
  • 1~8月の中国工業企業利益(10:30)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 8月の米耐久財受注額(21:30)
  • 8月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • 米5年物国債入札
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が講演(22:15)
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(28日2:30)
  • ブレイナードFRB理事が講演(28日3:00)
  • ローゼングレン・ボストン連銀総裁が講演 (28日8:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/28の予定>
  • 臨時国会召集
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • マザーズ上場=ロードスターキャピタル
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 8月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 全国証券大会で黒田日銀総裁があいさつ(15:35)
  • ニュージーランド中銀が政策金利を発表
  • 9月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 4~6月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 米7年物国債入札
  • ジョージ・カンザスシティー連銀総裁が講演(22:45)
  • フィッシャーFRB副議長が講演(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/29の予定>
  • 閣議
  • 8月の全国・9月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 8月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 8月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 8月の家計調査(総務省、8:30)
  • 8月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 8月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(20~21日開催分、8:50)
  • 東証1部上場=西本Wismettacホールディングス
  • マザーズ上場=マネーフォワード
  • 8月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 8月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 9月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 9月の独失業率(16:55)
  • 9月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 8月の米個人所得(21:30)
  • 8月の米個人消費支出(PCE、21:30)
  • 9月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 9月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)(23:00)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演 (30日0:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]