/

この記事は会員限定です

アサヒ、巨額買収に垣間見る堅実さ

証券部 増野光俊

[有料会員限定]

アサヒグループホールディングスが、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)と、東欧5カ国のビール事業を約8883億円で買収することで合意した。アサヒを「堅実で安定成長を続ける会社」とみなしていた市場は積極投資に「売り」で反応し、株価は下落した。だが、買収の中身に目を凝らすと、アサヒらしい堅実さも垣間見える。

買収対象はインベブが買収した旧SABミラー(英国)の傘下だったチェコとポーランド、ハンガリー、スロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン