/

この記事は会員限定です

ビットコインで荒稼ぎ 被害数百億円「ランサムウエア」

[有料会員限定]
日経コンピュータ

企業システムなどの重要なデータを暗号化し、解除のための金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」。攻撃者はネットの匿名化技術をランサムウエアに組み込む一方で、パソコン(PC)利用者を感染させる手口や金銭を支払わせる手口を巧妙化させている。世界で数百億円の被害をもたらしてきたランサムウエアは今、日本の企業や団体を脅している。攻撃が収まる気配はない。ランサムウエアの脅威の実態と効果的な対策を追った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3574文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン