2019年3月21日(木)

スマホ版マリオ、ポケモンGO超えるヒット予測

2016/12/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

VentureBeat

任天堂は人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズ初のモバイル版をリリースする準備を進めている(編集部注:米太平洋標準時15日に配信開始予定)。米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」向けアプリとしては過去最大級のヒットになる可能性がある。

■1カ月で5000万超の予想

人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズ初のモバイル版「スーパーマリオラン」は米太平洋標準時15日に配信を開始する予定(C)任天堂

人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズ初のモバイル版「スーパーマリオラン」は米太平洋標準時15日に配信を開始する予定(C)任天堂

米調査会社センサータワーは、新作「スーパーマリオラン」の配信開始から1カ月間のダウンロード数が5000万件を超えるとの見通しを明らかにした。これは「ポケモンGO」の3200万件よりも56%多い。スーパーマリオランは12月15日にiPhone向けに先行配信される(アンドロイド向けは2017年に配信開始の予定)。任天堂は3月にスマホ向け交流アプリ「ミートモ」を配信しているが、今回は既存ゲームシリーズのモバイル版の配信第1弾となる。同社はマリオをひっさげ、年間売上高が366億ドルのモバイルゲーム業界に本格参入する。

センサータワーはスーパーマリオランのダウンロード数が大きな数値になると予測しているが、これは売り上げもポケモンGOを超えるという意味とは限らない。任天堂はマリオランを無料で配信するが、全てのコンテンツを楽しむには10ドルを先払いしなくてはならない。これはモバイルゲームのヒット作の大半が採用している無料で遊べるビジネスモデルからの転換となる。

センサータワーのモバイル担当チームのリーダー、ランディ・ネルソン氏はブログへの投稿で「われわれの予測では、スーパーマリオランは配信開始から1カ月間の世界の総売上高が7100万ドル強(純ベースでは5000万ドル)となり、iOS向けゲームの大型リリースが相次いだ歴史的な年の締めくくりとなる」との見方を示した。

売上高ではスーパーマリオランはクラッシュ・ロワイヤルやポケモンGOに及ばない見通し(C)センサータワー

売上高ではスーパーマリオランはクラッシュ・ロワイヤルやポケモンGOに及ばない見通し(C)センサータワー

一方、配信開始から1カ月間のポケモンGOの総売上高は1億4300万ドル、対戦型戦略ゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」は1億700万ドルだった。

とはいえ、据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売台数が同社の歴代ゲーム機で最低にとどまる任天堂にとって、この7100万ドルはいわば、やけどをいやす薬となるだろう。同社は17年3月に据え置き型にも携帯型にもなる新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に軸足を移す構えだが、それまではスーパーマリオランなどのモバイルゲームが業績回復を支えることになりそうだ。

By Jeff Grubb

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報