/

曽和利光の就活相談室 静かに破綻していく新入社員たち

リクルート、ライフネット生命などの人事責任者として20年以上、累計で2万人を超える就活生を面接してきた「プロ人事」、曽和利光さん。学生と若手社会人の双方をよく知る立場から、学生からは見えにくいカイシャの実情を解説します。第11回は「静かに破綻(はたん)していく新入社員たち」です。

独りで抱え込むとトラブルを招く

いざ職場の一員になったときに備え、パソコンのスキルなどとはまた別の次元で、ぜひ皆さんに身につけておいてほしいのは、「周りの先輩や同僚をどう使うか」という考え方です。

先輩を使うだなんて無理だよ、と思いますか? ここで私が「使う」といっているのは、「うまくコミュニケーションをとって、業務を適切に分担する」という意味合いです。学生の皆さんを見ていると、チームで手分けをして仕事をすることに慣れていない人が少なくないと感じます。体育会や学生団体で組織の運営に携わっていたなら多少違うかもしれませんが、最近は体育会への参加者も減っているようです。

アルバイト先で同僚とずいぶん助け合っているけどなあ。そんな声も聞こえてきそうですが、バイトと社員では決定的な違いがあります。雇う側にとってみればバイトはいつ辞めるかわかりませんし、辞めさせることも簡単です。そうなると、仕事も基本的に自己完結していて、他の誰かに代わっても問題が生じないようにしてあるものです。社会人の仕事はそうではありません。一つ一つの業務のピースを組み上げてチームとしての成果を出す上では、「明日からこの業務は別の人が担当します」というわけにはいかないケースが大半です。そんなチームの一員になるからには、「どうやってうまく周りと分担するか」が特に重要だというわけです。

しかし、新入社員の立場にたつと、これはできそうでなかなか難しいことのようです。

つまらないことを聞いたら恥ずかしい、迷惑だといって怒られるかもしれない、自力で何とかしなきゃ――。皆さんがこんなふうに思う気持ちもわかります。それでも、黙っていて後でピンチに陥るよりは、早めに助けを求めるほうがずっとよいのです。要は「独りで抱え込むな」ということです。ここまで私が強調するのは、独りで抱え込んでしまったがために無駄な時間を費やしたり、トラブルを招いたりしてしまった事例を、たくさん知っているからです。

私のリクルート時代に、採用関連のイベントを開催するとき、新人に会場のセッティングや顧客への告知を任せたことがあります。その新人は告知の文言で悩み、何と当日の1週間前になっても案内状を発送していなかったのです。何でもっと早く困っているといえないのかと、がっかりしたことを思い出します。

先輩にしてみれば、「便りがないのはよい便り」ではありませんが、ピンチだと言われなければ特に問題がないと思うものです。そこで独りで抱え込み、人知れず静かに破綻していくのは最悪です。ピンチのときにはしっかり手を挙げて訴えてほしいし、わからないことは早めに尋ねてほしいのですが、これができない新人は残念なことにかなりいます。

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

著者 :
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,188円 (税込み)

例え話ですが、ピタゴラスの定理を発見するのが仕事の本質ではないのに、うんうんうなって、「やりました! 直角三角形の斜辺の2乗は、他の2辺の2乗の和に等しいとわかりました!」なんていっていたり。先輩からすれば、「当たり前でしょ? ひとこと聞いてくれれば教えてあげたのに。そんなことに時間を使ってほしくなかったよ」という話です。

不安があればともかく尋ねよう

しかし、実際のところ、何でもかんでも尋ねたりピンチだと音を上げたりしていては、それはそれで先輩たちの不興を買いかねません。「そんなこと、自分で何とかしろよ」と、冷たくあしらわれる姿が目に浮かびます。ちょっと待ってよ、聞けっていったり聞くなっていったり、どっちなんだよ、矛盾してるんじゃないか。そんなふうに戸惑うかもしれませんが、実はそれは矛盾ではないのです。ささいなことまでいちいち聞いたり報告したりしてはうるさがられますが、重要な問題についてはいちいちコミュニケーションをとる必要もある。その境界線がケースバイケースで揺れ動くのが、社会人の仕事だといえます。

この境界線がどこにあるのかを見極めるセンスを養うには、ともかくひたすら先輩に尋ねたり報告したりするしかありません。一時的にはうるさがられそうですが、そのうちに「ここまでしなくてもいいよ」と、境界線の所在を教えてくれるようになります。一度尋ねてとげとげしい反応をされ、くじけてしまう人も多いと思いますが、そこで「言わないでおこう」にならないようにしてください。言わなければその場はしのげるかもしれませんが、後でトラブルが噴出したときに大目玉を食らいかねません。

最後に、先輩や同僚をうまく「使う」上で、ポイントとなる考え方を示しておきましょう。心理学で「アサーション」あるいは「アサーティブネス」という言葉があります。言葉遣いなどで相手にうまく配慮し、融通を利かせることで、結果的に自分の主張を実現するための能力という意味ですが、これを心に留めておいてほしいのです。先輩に助けを求めるときに、本音では「こんなの無理ですよ!」と叫びたくても、ストレートに表に出さない。厳しい物言いで指導されても、グッとこらえる。この心がけ一つで、結果的にうまく先輩を「使える」ようになるはずです。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン