/

この記事は会員限定です

樹木のような建物に商機 西武造園の都市緑化

[有料会員限定]

建物の外壁を緑化する「壁面緑化」が注目を集めている。自動車やエアコンの熱で気温が高くなる「ヒートアイランド現象」の深刻化や、潤いのある都市空間づくりの広がりで普及してきた。2015年に施工された壁面緑化の面積は東京ドーム1個分以上の約5.5ヘクタール。単年の施工面積は10年前の2倍に増えた。20年の東京五輪・パラリンピックに向けて再開発が進む中、さらなる需要増が期待される。

地上50mに階層構造の庭園 200種近くの植物

西武ホールディングス傘下の西武造園(東京・豊島)による緑化事業は、東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン