/

この記事は会員限定です

株反発、粘り支えた「出遅れ」投資家

証券部 南雲ジェーダ

[有料会員限定]

6日の日本株相場は粘り強い動きだった。日経平均株価は前日の欧米株高などを受けて、取引開始直後に前日比209円高の1万8484円まで上昇。そこからは利益確定売りが優勢になって伸び悩み、日経平均は85円高の1万8360円で終えた。力感の乏しい動きのように見えなくもないが、市場関係者からは「きょうの相場は決して弱くない」といった声が聞かれた。このところの上昇相場に出遅れた機関投資家の買いがしっかり入っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン