/

この記事は会員限定です

節電でヒット商品に 過剰投資に陥り沈む

帝国データバンク・藤森徹

[有料会員限定]

企業の成長戦略で重要な位置を占めるのが設備投資だ。効果的な設備投資が業績拡大を生む一方、過剰投資は経営悪化に直結しかねない。ユニークなヒット商品を生んだ寝具会社はどこで間違えたのか。

東日本大震災を契機に需要が急拡大

ヒラカワコーポレーション(東京・中央)は寝具、畳製品、衣料品などを手がける中堅メーカーだった。扱う製品は中国での合弁工場などで生産。全国のディスカウントストアのほか、インターネットやカタログなどを通じて販売していた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン