簡易トイレで社会課題解決 LIXILが途上国開拓へ

コラム(テクノロジー)
2017/1/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

LIXILは、衛生的なトイレが不足している地域で簡易式トイレの販売を拡大する。持続可能な開発目標(SDGs)に対応した事業を展開する動きが広がってきた。

LIXILの簡易式トイレ「SaTo(サトー)」はこれまでに、フィリピンやインド、ウガンダなど14カ国以上で累計100万台以上販売されている。排せつ物を水で流すと排水口に付いている開閉式の弁が自然に閉まる仕組みで、悪臭や、感染症の原因となる虫の進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

地域から挑むグローバル課題

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]