/

この記事は会員限定です

日本発フィンテック、成功への課題 根本匠氏

衆議院議員・自民党金融調査会長

[有料会員限定]

自民党金融調査会は今春、金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックに戦略的に取り組み、国際標準を主導すべきだとする提言をまとめ、政府はこれを6月に決めた「日本再興戦略」に盛り込んだ。日本が世界をリードする金融国家になるためにはいくつかの課題がある。

まずは行政のあり方だ。金融行政は通常は規制が主だが、フィンテックの推進には競争的な環境を整備し、イノベーション(技術革新)を促す視点が欠かせない。金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン