/

この記事は会員限定です

関電が初の木質バイオマス発電、地域から燃料調達

[有料会員限定]
日経BPクリーンテック研究所

関西電力は2016年12月1日、兵庫県朝来市において、出力5.6MWの木質バイオマス発電所が営業運転を開始したと発表した。

同社グループでは初となる木質バイオマス発電所となる。兵庫県森林組合連合会、兵庫みどり公社、子会社の関電エネルギーソリューション(大阪市北区)と共同で事業化したもので、兵庫県、兵庫県朝来市の協力を得て実現した。

朝来市の生野工業団地に立地する。敷地面積は約0.7haで、年間売電量は、約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン