/

この記事は会員限定です

中東湾岸諸国、脱石油依存掲げアルミ施設増強

商品部 松沢巌

[有料会員限定]

サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)など中東湾岸諸国が、安価な天然ガス発電所を活用したアルミニウム製錬所の増強に相次いで動き出している。サウジなど中東湾岸諸国は将来の石油需要のピークに備えて経済政策で「脱石油依存」を掲げており、原油輸出に頼らない財政健全化と構造転換を進めるのが狙いだ。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受け、原油価格は大幅に上昇。サウジなど中東湾岸諸国の財政悪化も改善する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン