「この世界の片隅に」 小口出資者が感動拡散

(2/2ページ)
2016/12/2 6:30
保存
共有
印刷
その他
 クラウドファンディングはネット経由でアイデアの賛同者を幅広く募り、小口資金を集める。与信管理を徹底する銀行では融資が難しい事業を実現したり、商品を作る前に購入客を募ってリスクを抑えたりできる。
 資金提供に見返りを求めない寄付型や、見返りに金銭以外の物品などを受け取る購入型といった分類がある。日本にはサイバーエージェント系の「マクアケ」やエクスチェンジコーポレーションの「アクシュ」が有名だ。矢野経済研究所によると2015年度の国内市場は363億円だった。
 クラウドファンディングで新規事業を軌道に乗せた事例もある。サバすし製造の鯖や(大阪府豊中市)は、14年開業のサバ料理専門店の出店費用を募集。全国のサバ好きから約1800万円を集めた。1号店の成功で勢いをつけ、今では国内外に11店舗まで事業を拡大した。
 ニッチなアイデアでも、大勢に訴えれば賛同者は現れる。開発経緯などを細かに伝えながらの資金調達は広告宣伝の一環にもなる。クラウドファンディングはネット社会ならではサービスだ。

(企業報道部 新田祐司、山端宏実、広沢まゆみ、花田亮輔)

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]