「苦しい時、知恵生まれる」日ハム・栗山監督

2016/12/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――起用がずばずば当たりました。奇襲・奇策を含め、勝利の確率を上げるための采配ですね。

「もちろん奇襲をかける時は普通では勝てないからかけるのであって、周りがびっくりするような作戦でも僕の中では勝つための最大限の作戦になっています。そして大きな勝負にはリスクがつきもの。それにずばずば当たったような状況でなくては勝てません。僕だけでなく勝つチームはやってることが当たるから勝つだけですから」

――日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経MJの紹介とお申し込みはこちら

電子版トップ



[PR]