/

この記事は会員限定です

台湾の同性婚合法化、土壇場で試練

アジア初法改正に反対論噴出

[有料会員限定]

台湾で、アジアで初めてとなる同性婚の合法化が山場を迎えている。立法院(国会)は11月17日に同性婚を認めるための民法改正の本格審議を開始。台湾は性的少数者(LGBT)に寛容とされ、5月に発足した蔡英文政権も後押しする。年内に一気に実現にこぎ着けられるとの期待も高まっていたが、審議が始まるやいなや反対論が噴出。同性婚合法化は土壇場で試練に直面している。

同24日午前、立法院の司法法制委員会は台北市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン