取締役会評価、自覚や改善の機会に(悩める会社)

2016/12/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京証券取引所が定めたコーポレートガバナンスコード(企業統治指針)では、取締役会の実効性について分析・評価し、開示することを打ち出した。いち早く評価を実施したアサヒグループホールディングス(HD)の奥田好秀・常務兼最高財務責任者(CFO)と、公益社団法人会社役員育成機構(BDTI)のニコラス・ベネシュ代表理事に意義や現状について聞いた。

取締役に調査票、設問から悩む アサヒHD・奥田好秀常務兼C

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]