朴大統領、自らを追い込んだ「不通」主義

2016/11/29 18:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は29日、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入などの疑惑の責任を取って、2018年2月の任期終了を待たずに退陣すると表明した。財閥グループの不透明な資金提供や不正入学など、際限ない疑惑の拡大に韓国国民の怒りは頂点に達し、最後は与野党からそろって退陣を突きつけられる事態に追い込まれた。朴大統領は自らの不正を戒めるため、周囲から人を遠ざける政治スタイルを貫…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]