EV戦国時代 傍観のトヨタとマツダもいよいよ注力

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2017/1/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今後は電気自動車(EV)の開発に力を入れる――。トヨタ自動車とマツダの"変心"が注目を集めている。

エコカーに関しては、トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)の量産で先行しており、マツダはガソリン車やディーゼル車などの技術革新で業界をリードしてきた。両社ともプラグインハイブリッド車(PHV)を開発しているものの、EVにはあまり力を注いでいないとみられていた。だが、ここに来てそ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]