2019年6月25日(火)

フォローする

「リフォーム」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートさせました。今回のシリーズのテーマは「革新力」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。

瀬戸欣哉・LIXILグループ社長の講評

2016/11/28 2:00
保存
共有
印刷
その他

瀬戸欣哉・LIXILグループ社長

瀬戸欣哉・LIXILグループ社長

私の問い掛けに数多くの皆さんが投稿してくださり、本当にありがとうございます。その中には東日本大震災で被災したご自宅を、または介護が必要な親御さんの家をリフォームした時の思いを書かれたものがあり、心に響きました。若い世代からは社会問題を解決する斬新なアイデアも寄せられ関心の高さを実感しました。

「我が意を得たり」と膝を打ちたくなったのが「ゼロウオーター住宅」です。日本で水は無尽蔵だと思われがちですが、世界を見渡せば水の確保は切実な問題です。弊社は現在ケニアで1回の使用量が0.9リットルで済む超節水型の「マイクロフラッシュトイレシステム」を実証実験中です。グローバルな視点に脱帽しました。

徐々に上昇している空き家率という今日的な問題を新たなビジネスチャンスと捉えると同時に豊かな生活へと導いてくれそうなのが「近所別荘」です。「くつろぎの空間」はまさに弊社が積極的に取り組んでいる課題で、さらなる技術革新で乗り越えたいと考えています。

エネルギー・環境問題へのアイデアも多く、生活の基盤となる「家から世の中を変えていくこと」に確信が持てました。

◇――――――――◇

先日、ある霊園でこんな看板が目に止まりました。「お墓のリフォーム承ります」。「ついにここまで来たか」と思うと共に「市場は限りない」と感じました。高齢社会でリフォームは有望市場ですが競争も激化しています。単に故障や不具合があるから交換するという時代は過ぎ生活者にどれだけ寄り添うかが問われる新たな段階に入っています。(編集委員 田中陽)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ連載トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報