/

この記事は会員限定です

トランプ相場で目減りするメガ銀の「隠れ資産」

[有料会員限定]

トランプ米次期大統領が打ち出す政策への期待感から、メガバンク株が買われている。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の株価は米大統領選前の533円から22日の680円超まで3割近くも上昇した。景気刺激策による米国事業の拡大や金融規制の緩和への期待に加え、円安による円建て海外収益のかさ上げが背景にある。だが気になる点もある。それは米長期金利の歴史的な上昇だ。

米10年債の利回りは大統領選の11月8日の1.861%から18日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン