/

この記事は会員限定です

ウナギの稚魚供給、7割に「不正」の疑い

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

ウナギをめぐる話題はすでにこのコラムでも何回か取り上げています。稚魚(シラスウナギ)の漁獲は一時に比べ回復しましたが、依然として水準は低く、資源が危機的な状態にあることに変わりはありません。9~10月に開かれたワシントン条約の締約国会議をきっかけに、世界各国の関心はシラスウナギの不正流通に集まっています。

謎の9.6トン

ウナギには成魚の天然漁獲もありますが、量はごくわずかです。供給は99%以上を養殖に頼り、養殖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン