/

この記事は会員限定です

習主席が警戒するプーチン氏の「トランプ傾斜」

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

米大統領、オバマの任期中最後となるお別れの米中首脳会談が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を開いたペル-のリマであった。中国国家主席の習近平は、米国の次期大統領に決まったトランプとの電話会談を話題にした。

「私はトランプ氏と共に努力し、グローバルな問題まで含めて建設的に意見の違いをコントロールし、衝突せず、対抗しないという方針の下、両国関係を新しい起点から進展させたい」

国営メディアが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン