スペシャル

フォローする

侍ジャパン、WBCへ打線のカギ握る「筒香の後」

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2016/11/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を目指す野球日本代表「侍ジャパン」はメキシコ、オランダ両代表との強化試合(11月10~13日)を終えた。メンバー決定前最後の実戦で小久保裕紀監督が主眼に置いたのは選手の見極め。WBC公認球への対応はもちろん、攻撃では「筒香嘉智(DeNA)の後」をポイントに挙げ、その候補選びを試みた。

なぜ「筒香の後」なのか。その重要性は…

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
米国戦に先発した菅野には「1年間の投球を見つけるチャンス」とアドバイスした=共同共同

 日本の戦いのベースとなる投手陣を預かった権藤博コーチは、日の丸を背にした投手の重圧をやわらげ、闘争心を保つことに心を砕いたという。緊迫の現場でかわされたやりとりに、今後の戦いのヒントを探る。
 「国を …続き (2017/3/25)

「(シーズンとWBC)両方大事。球団のいうこともわかる」と青木は理解を示す=共同共同

 3戦全勝で1次リーグ通過を決めた翌日、青木は日本代表チームの自主練習に参加していた。もともと体を動かす予定だったというが、実はもうひとつ理由があった。米大リーグ機構(MLB)から練習参加を義務付けら …続き (2017/3/24)

日本代表は筒香、中田ら核となる選手をなるべく固定し、結束力で勝負しようとした=共同共同

 ベスト4に終わった2013年のWBCのあと、日本は小久保監督のもと、侍ジャパンを“常設化”。代表候補選手の意識を高め、いざ国際大会となれば、万全の状態ではせ参じられるように、という仕掛けだった。
 シ …続き (2017/3/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]