/

この記事は会員限定です

丸井G、「何でも屋」転身にのぞく自信

証券部 湯浅兼輔

[有料会員限定]

丸井グループが小売事業の改革を急いでいる。キーワードは脱・ファッション依存。バブル期のDCブランドブームで名をはせるなど、若者ファッションの代名詞ともてはやされたのは過去の姿。外食店や英会話教室などを積極誘致して、衣料品の比率を相対的に下げる狙い。日常使いの「何でも屋」への転身で収益の厚みは増すか――。

今年10月下旬、JR柏駅近くの「マルイ館」が「柏モディ」に生まれ変わった。その変容ぶりは地元の消費者でさえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン