2018年11月16日(金)

「平成デモクラシー」から憲法改正への架け橋
編集委員 清水真人

2016/11/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衆参両院の憲法審査会が再起動した。はっきりしたのは、憲法改正の捉え方も重視する論点もバラバラな各党の姿だ。主要国を見ると、新しい人権の充実などより、立法・行政・司法などの統治機構改革に的を絞った改憲が主流。ならば1990年代からの政治改革、橋本行革、司法制度改革が形作る「平成デモクラシー」を検証し、改憲も視野に置く新時代の政治へどう橋を架けるかだ。憲法学者ら専門家の知見の活用もカギだ。

環境権・

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報