/

この記事は会員限定です

出光漂流(上) 海賊という名の亡霊

[有料会員限定]

出光興産昭和シェル石油の合併が暗礁に乗り上げている。出光は創業家の反対によって、合併の無期限延期に追い込まれ、昭シェル株取得も3度目の延期となった。創業家と経営陣は、話し合いすらできないほど溝を深めている。その根底には、資本主義にあらがい続けた創業者、出光佐三の理念が横たわっている。近く映画も公開される「海賊」の魂が、出光両陣営を海図なき戦いに誘っている。

前哨戦

驚異的なガソリン価格に引き寄せられるように、街道からクルマが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4850文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン