/

まもなく登場、スマートコンタクトレンズ

VentureBeat

未来を知りたければ、特許当局に注目すべきだ。米グーグルはこのほど、血糖値をモニターしてインスリンを自動投与するコンタクトレンズの特許全文を公開した。韓国サムスン電子はほんの数週間前に、カメラを内蔵したコンタクトレンズの特許を出願したばかりだ。

EGPLがプロモーションビデオで見せているイメージ映像(C)EGPL

技術革新の次なる大きな波は、究極のウエアラブルともいえるコンタクトレンズの形でやって来るかもしれない。現時点ではまだそこに至っていないため、短期的にはスマート眼鏡や、米スナップチャットのカメラ内蔵サングラス「スペクタクルズ」が視覚技術の分野を支配し続けるだろう。だが、コンタクトレンズ技術の研究は既に黄金時代に入っている。

レンズ技術を次のレベルに

筆者は眼鏡のインターネット通販大手の最高経営責任者(CEO)として、コンタクトレンズが抜本改良される態勢は整っていると断言できる。伝説の「スマート」コンタクトに道を開く短期と長期の技術革新は以下の通りだ。

1970年代に大量生産のコンタクトが登場して以来、主に酸素透過率の高いシリコンハイドロゲルなどより薄く、柔らかく、安価なレンズ素材に進化を遂げてきた。コンタクトは今やかつてないほど快適だが(さまざまな色のレンズも登場している)、本質的な機能は変わっていない。

従来のコンタクトメーカーは多くの点で安全策に甘んじ、レーシック手術など新たな技術に市場シェアを侵されても利益率の高いこの事業にとどまってきた。それでもなお、コンタクトは世界で1億人以上が利用する年商100億ドル強の事業だ。

もっとも、材料科学の進歩のおかげで、コンタクトは急速に進化しようとしている。現時点で進行している特筆すべき主な技術革新は、コンタクトレンズの安全で快適な装着時間を約30%延ばす素材だ。これにより短期的にはレンズの性能と有用性が向上し、やがてはるかに大きな特徴を思い描けるようになるだろう。

例えば、軍は既に特殊部隊が使う暗視コンタクトレンズの開発に関心を示している。これは実際に科学の裏付けがある。奇跡の素材「グラフェン」(熱や電気を通しやすく、電子機器分野で広く活用が見込まれる炭素系の新素材)を使えば赤外線スペクトルの光を感知し、従来の大型感知器を小さなコンタクトレンズに収めることができるのだ。現時点では光の増幅度はかなり低いものの、将来性は見込める。

 グーグルの親会社アルファベット(というよりも、傘下のベリリー・ライフサイエンシズ)がもう少し進んだコンタクトレンズ素材を検討しているのは間違いない。医療用電子コンタクトレンズの実用的な試作品を既に生産しているからだ。確かに、かつてグーグルXと呼ばれていたこのチームは、血糖値モニターを制御する機能を備えたコンタクトの生産にこぎ着けた。このコンタクトはデータや電源を無線で送受信し、インスリンを自動的に放出させることができる。電子レンズは目に直接触れるため、黄斑変性症など一般的な眼病をチェックできる可能性もある。

グーグルグラスを超えるスマートディスプレー

EGPLのスマートコンタクトレンズはARの表示を助けるように設計されている

一方、コンタクトレンズの真の長期的な潜在力(主要各社が無我夢中で追い求めている究極の目標)はディスプレーとしての利用にある。眼球の動きを追跡し、通常の視覚に画像を重ねることで、メガネ型端末「グーグルグラス」よりもさらに現実と仮想が融合した体験を提供できるというわけだ。

実は、本格的なコンタクトレンズ型ディスプレーの開発は何年も前から進んでおり、2009年には実用化も果たしている。1セント硬貨の片面よりも小さなレンズに搭載された64画素のディスプレーを、実際の目の中で安全に動かし、制御する。これは光を投影する「アクティブ」な画素だが、周囲から入ってくる光を変化させるだけの「パッシブ」な画素を使う方が効率的だ。消費電力を抑え、目に対する負担を減らせるからだ。

仮想現実(VR)や初期のスマート眼鏡はこの画素の性能を既に示してくれている。確かに、コンタクトレンズ技術と並んで拡張現実(AR)が進化すれば、真に魅力的な可能性が広がる。カメラやディスプレーを内蔵したコンタクトは究極のARプラットフォームになる可能性があり、現在のゴーグル型端末よりも用途が広く、没入感も強いだろう。大手各社は既にコンタクトレンズ対応の「iOS」向けアプリを開発しようとディスプレーに資金を投じており、将来性が見込める。

だが、一つ警告もしておきたい。テクノロジーの開発予定は流動的なことで知られており、筆者は最先端の電子工学やコンタクトレンズ工学の専門家ではない。それでも、視覚関連市場は達成可能な市販製品の開発に重点を移しつつあると自信を持って言える。従来メーカーの動きはかなり遅いが、グーグルやサムスンなどのIT(情報技術)各社はこれまで待望されていたコンタクト(の進化)を推進しており、必要な技術の大半は既に存在しているか開発中だ。眼鏡などウエアラブル機器に対する消費者の需要も伸びている。やがて、画面やカメラ、アプリを内蔵したコンタクトがSFの世界の話にとどまらなくなることだけは明らかだ。

By Roy Hessel (眼鏡のネット通販を手掛けるアイバイダイレクトの創業者兼CEO)

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン