/

この記事は会員限定です

個性的なスターバックス店舗、背景に「ロマンス予算」

[有料会員限定]
日経デザイン

第1号店の出店から20年になるスターバックスコーヒージャパンは、国内では現在約1200店舗を展開し、2020年までに1500店舗を目指す。効率性を重視した画一的なチェーン店が多い中、スターバックスには同じデザインの店舗はない。だが、店舗ごとに個性を追求してばかりでは、コストが膨らむ。スターバックスの店舗デザインの作り方に迫る。

社内デザイナーが各店の地域性に配慮

現在スターバックスの店舗形態には、全体の約95%を占める「コア店舗」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン