個性的なスターバックス店舗、背景に「ロマンス予算」

(1/2ページ)
2016/11/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第1号店の出店から20年になるスターバックスコーヒージャパンは、国内では現在約1200店舗を展開し、2020年までに1500店舗を目指す。効率性を重視した画一的なチェーン店が多い中、スターバックスには同じデザインの店舗はない。だが、店舗ごとに個性を追求してばかりでは、コストが膨らむ。スターバックスの店舗デザインの作り方に迫る。

■社内デザイナーが各店の地域性に配慮

現在スターバックスの店舗形態には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]