侵入検知システムの導入も、自動運転で日独提案
自動運転時代のセキュリティー(下)

(1/3ページ)
2017/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の自動車メーカーが直面する「セキュリティー対策」。自動運転車の開発に合わせて、ソフトウエアの遠隔更新機能や侵入検知システムの採用を求める動きが出てきた。自動車開発に変革を迫るセキュリティー対策の最新動向を追った。

ハッカーへの対応と合わせて、自動車のセキュリティーに欠かせなくなるのが、無線通信で電子制御ユニット(ECU)のソフトウエアを遠隔更新する「OTA(over the air)」である…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]