中国「ニンニクバブル」再来 投機マネー、いつか来た道

2016/11/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国でまた「局所バブル」が発生しているようだ。上海株式市場や住宅市場に続く投機マネーの新たな標的は、中国で食卓に欠かせないニンニク。数年前に中国を襲ったインフレを象徴する食材が、再び怪しい動きをみせている。

中国国家統計局が9日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月に比べ2.1%上昇した。上昇率は半年ぶりの高水準だが、中国政府の年間目標である「3%前後」には届かない。経済の体温計とも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]