2019年1月23日(水)

トランプ政権で温室効果ガス34億トン増加か 米調査

2016/11/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の技術調査会社Lux Researchは2016年11月2日、トランプ政権が2期8年続いた場合、ヒラリー・クリントン氏が政権を取っていた場合と比較して温室効果ガスが34億t(16%)増加するとの見通しを発表した(図)

クリントン氏はオバマ政権の環境エネルギー政策を踏襲し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの導入をさらに増加させると公約していた。特に、2015年7月に同氏は「私が大統領に当…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報