/

この記事は会員限定です

株続伸30円高、トランプ・ラリーも痛む個人の懐

証券部 菊地毅

[有料会員限定]

投資家の疑心暗鬼を映し出すような相場だった。11日の東京市場で日経平均株価は朝方に一時277円高まで急騰した後、大引け間際に10円安を付けた。米大統領選を受けた株買い・債券売りの「トランプ・ラリー」も、週末で目先の利益を確定する売りに押されたためだ。投資家の動きをつぶさに見ると、懐具合は潤うどころか、痛んでいる可能性が高い。

日経平均の終値は前日比30円37銭(0.18%)高の1万7374円79銭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン