2019年8月19日(月)

インド洋要衝のスリランカ、中印の板挟みに

2016/11/15 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スリランカ政府が、南アジアの主力港であるコロンボ港における地政学的バランスの確保に腐心している。ジレンマの中心は、全長1.2キロに及ぶ「イースト・コンテナターミナル(ECT)」の拡張計画だ。政府は総工費5億ドルの工事の入札を締め切ったが、スリランカのインド洋における戦略的重要性に注目するインドと中国の間で板挟みになっている。

現時点では、中国が優勢だ。中国国有港湾大手の招商局港口は、コロンボ港の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。