/

この記事は会員限定です

インド洋要衝のスリランカ、中印の板挟みに

[有料会員限定]

スリランカ政府が、南アジアの主力港であるコロンボ港における地政学的バランスの確保に腐心している。ジレンマの中心は、全長1.2キロに及ぶ「イースト・コンテナターミナル(ECT)」の拡張計画だ。政府は総工費5億ドルの工事の入札を締め切ったが、スリランカのインド洋における戦略的重要性に注目するインドと中国の間で板挟みになっている。

現時点では、中国が優勢だ。中国国有港湾大手の招商局港口は、コロンボ港の南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン