/

この記事は会員限定です

円はなぜ100円を突き抜けなかったか 米大統領選が映す機械取引の妙

経済部次長 小栗太

[有料会員限定]

想定外の米大統領選での「トランプ・リスク」顕在化に、市場参加者は強烈な衝撃を受けたはずだった。なのに為替市場には拍子抜け感が漂う。原因は円相場の「奇妙な落ち着き」だ。選挙前、市場では共和党候補の不動産王、ドナルド・トランプ氏が優勢になれば、一気に1ドル=100円を突破するのは確実とみられ、「95円を突破する」との声もあったほどだ。だが円高が進めど、過熱感は見えず。円は100円の節目を前に足踏みを続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン