2019年8月26日(月)

ボール任せ 風任せ

フォローする

国内プロゴルフ界統一、チャンスは今しかない
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2016/11/10 6:30
保存
共有
印刷
その他

国内男子ゴルフツアーも大詰めを迎えた10月、米国のPGA(米プロゴルフ協会)ツアーからビッグニュースが連続して飛び込んできた。

まずは18日に、米国内で展開しているチャンピオンズ・ツアー(シニアツアー)の新設大会「JAL選手権」を2017年9月に日本で開催すると発表。賞金総額250万ドル(約2億6000万円)と日本では破格の規模で、68人の出場者のうち日本からは8人だけが招待出場となる。

HSBCチャンピオンズで優勝を果たし、笑顔でトロフィーを掲げる松山=共同

HSBCチャンピオンズで優勝を果たし、笑顔でトロフィーを掲げる松山=共同

さらに26日には米ツアーのアジア地区の拠点となる「東京支社」の開設も発表した。

30日には中国・上海からもっと大きな衝撃が伝わってくる。米ツアーの「HSBCチャンピオンズ」で松山英樹が2位に7打の大差をつけて圧勝。日本ではカウントされないが、たった1試合で、この時点での国内獲得賞金レース1位に相当する162万ドル(約1億7000万円)の優勝賞金を獲得した。

米ツアー、海外に市場求める

米ツアーがらみのこれらの出来事を、「やった、やった」と大喜びするのは短絡的すぎる。ひょっとしたら、これらは、日本のプロゴルフ界にとって、明治維新につながったペリー来航にも似た一大事になるかもしれないからだ。

この米ツアーの海外戦略に対処するため、今度こそ本気で国内プロゴルフ界の統一を実行すべきだろう。

米ツアーの海外での試合開催は近年、従来のカナダに加え、メキシコ、バハマ、マレーシア、中国などと急増している。理由の一つは、米国内でのスポンサー獲得が目いっぱいの状態になり、市場を海外に求めざるを得なくなったことがある。

「では日本では?」とも考えられるが、例えば松山が勝ったHSBCチャンピオンズの賞金総額は950万ドル(約10億円)で、開催費用などを加えると最低でも20億円になる。今の日本の経済状況の中で手を挙げるスポンサーを見つけるのは難しい。

そんなレギュラーツアーに比べて費用が3分の1から4分の1で開催できるシニアツアーは、頃合いの日本開催で、支社開設とともに、絶好の「橋頭保(きょうとうほ)」を築いたといえる。

次はレギュラーツアーの日本開催か

来年のシニア大会が成功したら、次に米ツアーが考えてくるのは、レギュラーツアーの日本開催だろう。松山や石川遼らの米ツアーでの活躍次第では、ビッグスポンサーが名乗りを上げないとも限らない。実現したら、もろに影響を受けるのは、スポンサー探しで苦労している国内ツアーである。

そうなる前に、日本プロゴルフ協会(日本プロ協会)と日本ゴルフツアー機構(日本ツアー)の2本立てになっている今の状況を一日でも早く解消すべきだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。