/

[FT]大統領選目前 米民主主義に最大の試練

Financial Times

いいだろう、確かに米国には南北戦争があった。戦争の殺りくの真っただ中にあって、北軍はなお1862年と1864年の選挙を予定通り実施した。当時を除くと、この11月8日にかかっている利害に匹敵するものは、米国の歴史上ほとんど存在しない。

次の大統領になり得るドナルド・トランプ氏は、選挙は不正操作されると予想している。同氏の勝利はまだ実現する可能性が残っているだけに、実際に負ける前から往生際の悪い敗者の役を演じているのは、ひどく奇妙だ。もう一人の候補であるヒラリー・クリントン氏は、トランプ氏がもたらす脅威を除けば、米国の制度はうまく機能していると考えている。クリントン氏の見方は見方で、対抗馬のそれとほとんど同じくらいゆがんでいる。トランプ氏が勝つかどうかにかかわらず、米国の民主主義制度は大きく揺らいでいる。

「トランプ大統領」側近に不安

2種類の脅威を想像してほしい。クマが自分の山小屋に侵入してくる脅威と、シロアリが内側から小屋をむしばむ脅威だ。トランプ氏はクマだ。同氏の勝利がもたらす利点は、彼が「選挙は不正で盗まれた」と主張できなくなることだ。それどころではない。2016年の票の集計は、世界の歴史上、最もクリーンなものになるだろう。米国はグレート・アゲイン、再び偉大になるのだ! これを別にすれば、トランプ氏の勝利は大惨事となる。

多くの人は落ち着き払って、トランプ氏が大統領になっても米民主主義は無傷で乗り切れると予想している。彼らの言質は2つの部分から成る。1つ目は、トランプ氏は彼の最悪の習性を抑え込む経験豊富なアドバイザーで周囲を固める、というもの。2つ目は、たとえそのチームが愚か者の集まりであっても、行き過ぎがあれば米国の憲法が是正してくれる、というものだ。

彼らは慢心し過ぎだ。トランプ氏の助言者のほとんどは、本人と同じくらい不安を招く人々だ。筆頭格はトランプ氏である。「私の一番の外交政策アドバイザーは私自身であり、私はこの手のことについて優れた直感を持っている」と本人は言う。トランプ氏が「もし核兵器を使わないのなら、持つ意味は何なのか」と疑問を呈したことを忘れないでほしい。また、中国の近隣諸国に自前の核兵器を持つよう推奨している。核の切り札を使う決断は、大統領だけの専権事項だ。米国防総省は助言することしかできない。国家安全保障に携わった経験を持つ事実上すべての共和党員が8月に、トランプ氏は「史上最も無謀な大統領になる」と警告する書簡に署名している。

そして、トランプ氏の政治チームの存在がある。これについては、極右ウェブサイト「ブライトバート・ニュース」の元トップでトランプ氏の選挙対策会長を務めるスティーブン・バノン氏を見れば、それで事足りる。言論の自由などを保障する米国憲法修正第1条の権利を大切にする誰もが、心から心配すべきだ。トランプ氏が大統領になれば、バノン氏がホワイトハウスの思想上の指南役になる公算が大きいからだ。

チェック・アンド・バランスが機能しない?

次に、米国のチェック・アンド・バランスの仕組みは、その機能を支える人に依存する。性格を別としても、トランプ氏は憲法が定める境界線に対して何の敬意も抱いていない。

憲法の制約を破った最後の大統領はリチャード・ニクソンだ。ニクソンは民主党全国委員会の本部ビル侵入事件への政権の加担をもみ消したことで、1974年に大統領辞任に追い込まれた。チェック・アンド・バランスの仕組みは機能したが、2年の歳月がかかった。

ニクソンは大統領の権限について広義に解釈し「大統領が行使するときは、それは違法ではないことを意味する」と語っていた。これはトランプ氏の見解でもある。

だが、トランプ氏が公然と実行を誓っていることと比べると、ニクソンの隠れた法律違反も真っ青だ。トランプ氏は公の場で、民主党のデータベースに侵入するようロシアに要請した。クリントン氏を収監することや拷問を復活させること、さまざまな条約を破棄し、世界的な貿易戦争を始めることも口にしている。その一部は違法であり、一部は合法だ。

トランプ氏が約束していることの大半は、中間のグレーゾーンに入る。いずれにせよ、米国の裁判所が同氏の行動について判決を下すのに数カ月ないし数年の時間がかかるだろう。そのころには、もう被害はかなり及んでしまっている。

クリントン氏の勝利を、そんな事態と比べようがあるのだろうか。もし同氏が地滑り的な勝利を収めたら――そして民主党が米議会の支配権を取り戻したら――すべての賭けは白紙に戻る。だが、そんなことは起きないだろう。選挙戦が始まって以来、クリントン氏の支持率を50%近くとした世論調査は一つもない。「クリントン大統領」がはらむ危険は、微妙だからといって厄介さが減るわけではない。

クリントン氏が大統領に選ばれる前から、共和党は同氏がやろうとすることをすべて阻止すると誓っている。共和党で最も近しい友人であるジョン・マケイン氏は、クリントン氏が任命する最高裁判事は誰であっても反対すると話している。大統領弾劾の公聴会を開くと脅す人もいる。

「クリントン嫌い」で団結する共和党

共和党は絶望的に割れている。グローバル化を支持する多文化主義者もいれば、排外的な保護主義者もいる。ほかの多くの民主主義国であれば、別々の政党に分かれていただろう。共和党を結び付けているものはクリントン氏に対する嫌悪感だ。

もし自分が負けたら反則だと叫ぶトランプ氏の脅しを別にしても、この通りだ。いずれにせよ、共和党はクリントン氏の大統領在任期間を砂漠のような不毛な場所にし、それを民主主義と呼ぶことを目指している。共和党には、そうするだけの手段がある。膠着状態があと4年間続けば、米国民の不満は募る一方だ。

クマの良いところは、こちらにやって来るのが見えることだ。シロアリは目に見えない。シロアリが家の土台をむしばみ始めたときを正確に特定するのは難しい。米国人はいつ、なぜ、自国のシステムに対する信頼を失ったのか。一致した意見はない。格差拡大を挙げる人もいれば、肥大した政府のせいにする人もいる。意見の不一致は米国人が失った信頼を取り戻せないことを意味しない。

だが、差し当たりは、米国は治めることが着実に難しくなっている。アブラハム・リンカーンが言ったように、分裂した家は立っていることができない。リンカーンは今よりはるかに深刻な難題に直面していたが、その見解は今日、彼がその言葉を述べた時代と同じくらい真実だ。米民主主義の基盤は「協力」である。8日以降何が起きるとしても、それに当てはまりそうにない。

By Edward Luce

(2016年11月7日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン