スペシャル

フォローする

トランプ氏、大リーグ予想システムの奇才を翻弄
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2016/11/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

「PECOTA」という米大リーガーの成績を予測するシステムがある。当時、経営コンサルタントだったネイト・シルバー氏が2003年に完成させ、彼の手を離れた今も、ゲーム市場として4000億円近い市場規模に育った米ファンタジー・スポーツ界で一目置かれる。

PECOTAは「Player Empirical Comparison and Optimization Test Algorithm」(選手の経験上比較と最適化試験のアルゴリズム)の頭文字を取ったものだが、あくまでこじつけ。1986年から94年までロイヤルズなどでプレーしたビル・ペコタ(Bill Pecota)という実在の選手名にちなむ。

大リーグ界では知る人ぞ知る存在

2人は無関係だが、シルバー氏は当初、投手(Pitchers)の比較をするつもりだったことから、システムに「P」で始まる選手の名前をつけようと考えた。最終的には選手全員(Players)を比較対象とするが、いずれにしても「P」から始まる選手名を列記して残ったのが、ビル・ペコタとダン・ペトリー(Dan Petry)の2人。そこでシルバー氏によると、「PetryのYに適した言葉がなかった」ため、「PECOTA」というシステム名になったそうだ。

仕組みの原型は、セイバーメトリクス界(統計学アプローチによる選手評価)の権威ビル・ジェームス氏が作った「類似性スコア」とゲイリー・ハッカベイ氏の「VLAD」(ブラディミア・ゲレーロという選手にちなむ)という2つの予想システム。それらを融合させ、微調整が年々加えられているようだが、開発から少なくとも数年は野手の場合、身長、体重など身体的特徴のほか、打率、四死球率、スピード・スコア、守備位置など13項目、投手は同じく身長、体重に加え、奪三振率、四死球率、配球など12項目に関して、まずは過去の選手の成績が年齢を重ねるに伴ってどんな曲線を描いたか統計をまとめ、似たような経緯をたどる現役選手が今後、どんな成績を残すかを算出した。

それをまとめた本を毎年、開幕前に発売。さらには彼が所属していたセイバーメトリクス系の「ベースボール・プロスペクタス」というサイトで公開(有料)したところ、正確性が話題となり、シルバー氏の名は大リーグ界では知る人ぞ知る存在となった。応用によりチームの勝敗予想までできてしまう点でも、PECOTAの評価は高い。

ところでこのところ、テレビを見ていてそのシルバー氏の名前を耳にしない、あるいは新聞やインターネットなどで彼の名前を目にしないという日がない。この時期、ある意味、もっとも露出が多い。

10月は大リーグのポストシーズンが盛り上がり、11月2日に行われたワールドシリーズ第7戦でカブスが勝って108年ぶりに頂点に立った。その話題と無関係ではないにしても、そこに比重が置かれているわけではない。

選挙の結果予想のエキスパートに

米国では8日(日本時間9日)に4年に一度の大統領選挙が行われるが、シルバー氏は今、選手の成績予想ではなく、選挙の結果予想のエキスパートとして、特にこの1年ほどは多忙な日々を送っている。

08年初め、シルバー氏はバラク・オバマ民主党大統領候補(現大統領)の台頭で大統領選挙が盛り上がりを見せる中、予想につながる世論調査などの分析があまりにもお粗末だと感じ、自らそれに乗り出した。

集められる限りの世論調査の結果、各州の人口統計、1952年以降の選挙結果をデータ化し、どの世論調査が過去、実際の結果を的確に反映しているかを分析。その精度に応じて比重を変えるなどして、選挙予想のシミュレーションモデルを作り出した。そこまで作れば「PECOTA」と同じで、後は最新の世論調査の結果などを入力していけば、自然に答えが出る。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

米大統領選の情勢は



大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
2004年10月、シーズン262安打を達成した=共同共同

 米大リーグ、マリナーズのイチローが21日、現役引退を表明した。オリックスやマリナーズ時代の同僚で、プライベートでも親交がある長谷川滋利氏(50)に、数々の偉業を成し遂げた希代の大打者の素顔を語っても …続き (2019/3/23)

長谷川氏は「まずは日本で培ってきたことを出してほしい」と菊池に助言する=共同共同

 米大リーグのマリナーズとアスレチックスは20、21日に東京ドームで開幕2連戦を行う。マリナーズのイチローは2012年以来の日本凱旋で18年5月2日以来の公式戦出場が有力で、第2戦には菊池雄星が先発し …続き (2019/3/19)

セミナーで対談する神事さん(左)と丹羽さん

 米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平が躍動しています。その一挙手一投足が日々のニュースで取り上げられています。日経電子版は5月14日、東京・大手町で「大谷翔平、なにがすごい!? デ …続き (2018/6/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]